スイッチ版らしきスマブラ画像、フェイクだった。





sumabura



ここ数日、海外のゲームコミュニティにてとある画像が物議を醸していた。画像には、おなじみの任天堂キャラクターであるピカチュウやリンクが戦う姿が写し出されており、これがNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)版『大乱闘スマッシュブラザーズ(以下、スマブラ)』のリーク画像ではないかと噂されていたわけだ。


i1814973-1496172229

発端となった場所は海外インターネット掲示板4chan。同掲示板には、5月30日に「こんにちは、これらの画像は、7月に発売予定の人気のある日本のゲーム雑誌の次の版からのものです」とたどたどしい日本語とともに、複数の画像が投稿された。この画像をNintendo Lifeを代表する海外メディアが「Nintendo Switch版『スマブラ』の画像がリークされたという噂がある」と取り上げたことで、インターネット上に瞬く間に広まっていった。経緯や出元、そして『スマブラ』ほどのビッグタイトルの機密性を考えると、信じる人をむしろ疑ってもいいほどではあるが、信じてしまう人はいてもおかしくない程度には巧妙な画像でもあるのだ。


i1814970-1496172182

たとえば、一枚目の画像はマリオとクッパJrが映し出されており、背景のステージは、ニンテンドー3DS向け『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS』のみ登場する「ペーパーマリオ」によく似ている。ステージ「ペーパーマリオ」のグラフィックは、本来はニンテンドー3DS向けということで、やや粗いが、今回の画像ではHD向けに精細に描き下ろされている。




そして6月1日、前触れもなく真実が明らかになった。任天堂関連の動画を投稿するYouTubeチャンネルTheBitBlockに携わるメンバーJosh Thomas氏が動画内で、「完全なるフェイクだ、だって俺が作ったんだから」とネタばらし。3日間にわたる情報戦は突如終了した。氏は、フェイク画像を作成した理由について「E3に向けてリーク画像を作ることに挑戦してみたかった。『スマブラ』コミュニティの人らは(情報に)敏感で、だますのは難しいと思ったからこそやったんだ。」と明かしている。





そしてThomas氏は、PhotoShopを使った巧妙な画像作りのプロセスを披露。ステージの画像はすべて手作りで、ひとつごとに6~7時間、すべてを作るのに4日半かかったことを明かしている。また、氏は任天堂タイトルへの知識と想像力を使って、どうなりそうであるかを考えて、さまざまな加工を加えたとも語っている。これまでにも任天堂タイトルのステージやアセットを自らの手で作ってきた経緯があり、そうしたものを『スマブラ』でやりたかったとも話している。

以下全文を読む


スポンサーリンク
  
◆この話題への反応

スマブラスイッチの画像フェイクだったらしいガッカリ

知ってた。

WiiUの時からスマブラのフェイクはレベル高かったから今回もそんな気はしてた。

お前だったのか!怒る気もしないよ、すごいな!

お前がレジェンドだ

うずうずしてるやつらを騙すのは簡単だからな

ふざけんな許さない



8rWdQYe



実際に本物のスイッチ版が発表されたら今回の画像と比較されるのかな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク