スマブラが日本ゲーム大賞 グローバル賞 日本作品部門の受賞で、桜井氏「驚いたと同時に、開発者として素直に喜べない」


日本ゲーム大賞2016の受賞作が発表され、桜井氏のコメントが海外でも少し話題になっています。

 今年で開催20周年を迎えた「日本ゲーム大賞」は、年間作品部門の大賞を「スプラトゥーン」が受賞しています。

 日本ゲーム大賞2016は、2015年4月1日から2016年3月31日までの作品を対象にしており、毎年、1年ほど前の作品を対象にした賞です。

 そして、今回、日本ゲーム大賞2016のグローバル賞の日本作品部門で、「スマブラ 3DS WiiU」が受賞しています。



受賞について、桜井政博氏は、「この賞は“世界で1番販売した日本の作品に贈られる”と聞いていましたので、本作が2年連続の受賞となったことには かなり驚いたと同時に、開発者として素直に喜べないことでもあるのです」ということをコメントし、複雑な心境であることを明らかにしています

 その理由としては、日本のゲーム作品が世界累計販売トップ10からいなくなっているからであるとし、「ごく一部の人々が熱狂的になるような作品と いうのもゲームとして正しい姿ではあると思いますが、反面、より多くの人々に作品が届いたほうがやはり素晴らしいと思います」ということを述べています。


以下全文を読む



スポンサーリンク
  
◆この話題に対する反応

スマブラforは近年稀に見る神ゲー


『スマブラ for』が2年連続グローバル賞(海外でもっとも売れた日本作品)を受賞! すごいっ!

いつになるか分らないけどNXで出して欲しい

たしかに2年目の作品に勝てないってやばいよな

これは分かる

ブランド力で言えば他メーカーって全然だしな、やはりニンテンドーは強い
スポンサーリンク
スポンサーリンク