EVO 2016『スマブラ for Wii U』準優勝、かめむし選手が語る―彼こそが最強のロックマン!
 

キャプチャ

※長文につき一部抜粋しています

7月15日から17日にかけて、アメリカのラスベガスで開催された世界最大の対戦格闘ゲーム大会「Evolution Championship Series 2016 (EVO)」。

決勝戦を終えたのち、Game*Sparkはかめむし選手にインタビューを実施。今回は大会の感想から登場キャラクター、練習スタイル、そして今後の活動についてお話を伺いました。


――EVO『スマブラ for Wii U』部門で準優勝を果たしたご気分は?

かめむし選手(以下、かめむし): 初の海外だったので2位という結果はうれしいですけど、やっぱり優勝はしたかったですね。


――試合を勝ち進みながらいよいよ決勝戦まで到達した、そのときの気分について聞かせてください。まさか勝てるんじゃないかな、とは感じましたか。

かめむし: まあそう、勝てるかなーと思ったんですけど、やっぱりAlly選手は強かったですね。


――そうでしたね。でも、かめむし選手は「Ally選手よりも強い」と言われる相手を破っていました。Zero選手との対戦はいかがでしたか。

かめむし: Zero選手戦の時だけは、まったく緊張しなくて。キャラクターが慣れてたんだよね、“シーク”と“ディディー”。


――プレイしていない時は、かめむし選手は何をされていますか。

かめむし: 仕事をしているので、最近はそんなにプレイしてないですね。平日も休日も、あまり『スマブラ』はやってないです。


――EVOに備えてどんな練習をしましたか。

かめむし: 練習……特に何もこれといった練習をしたわけもなく、オンライン対戦をずっとやってましたね。


――海外プレイヤーのスタイルを勉強したり、などは?

かめむし: いや、動画を見たりもしてないです、特に。


――キャラクターの対策を用意せず「自分の強さをぶつけよう」というわけですね。

かめむし: 対戦前に、この人どんな感じと日本の選手に聞いて。それ以外は本当に何も見ずに、「自分の動き」をしてました。ずっと。


――「自分の動き」といえば、やはりかめむし選手の“ロックマン”はとても印象的でしたね。上位プレイヤーではあまり見られない、このキャラクターを好む理由とは。

かめむし: そうですね、自分は昔から飛び道具が好きなので。飛び道具が強いキャラクターは“ディディー”か“ロックマン”ですけど、自分のスタイルはロックマンに合ってました。

――この大会で2位という素晴らしい結果を残せましたが、これからより練習時間を増やして、よりプロ選手らしく活動したいとはお考えですか。

かめむし: できるならそうですね。一回海外で優勝してみたいというのもあるのでこれからもうちょっと頑張ります。

――今の『スマブラ for Wii U』日本国内のコミュニティーは賑やかで、強いプレイヤーも揃っていると思います。そんな環境を生かして日本のコミュニティーをより長く、強くするためにはどんなものが必要でしょうか。

かめむし: 強くなるには…今は月に一ぐらいでしか大会をやってないんですけど、週一とかでも大会ができるならばどんどん上達はすると思います。大会の緊張感ってやっぱありましたから。海外って平日も大会を開いてたりするんですよね。ローカルの大会は一昨日、出たんですけどそのときなんかは出場選手全員が強くて、びっくりして。本当にみんな、大会に慣れてるなーと感じたので、日本もそうなれるなら、と思います。

――実現できるといいですね。では、最後に一言メッセージをお願いします。

かめむし: 今回、「EVO」に来れてよかったです。次の海外遠征は……いつ来れるかは決まってないですけど、来る機会があったら、必ず優勝したいと思います。

――本日はありがとうございました。

以下全文を読む



スポンサーリンク
  
Zero選手を破ったのも凄いし、ロックマンであそこまで上り詰めたのも本当にすごい。
これからも魅力的なプレイでスマブラ界を盛り上げていってほしいです(*´・ω・)y━・~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク