rb


かつては「遊び」にしか過ぎなかった『スマブラDX』だが、今や様々な要素が複雑に絡み合うひとつの巨大なシーンに成長している。

『DX』は格闘ゲームとして認識されてから右肩上がりで成長を続け、今や格闘ゲームにおいて最も高いテクニックが要求されるタイトルのひとつとして認識されている。

中略

このような進化により、視聴者たちはスピーディでダイナミックな対戦が楽しめるようになっているが、目立たないが無視できない問題がひとつある。ハイレベ ルなテクニックをパーフェクトに仕上げるために積み重ねる練習によって、両手を痛めるプレイヤーたちが出てきているのだ。


中略

このような手の痛みを抱えていたプレイヤーとして最も有名なひとりが、初期『DX』シーンで活躍したレジェンド、Daniel “KDJ” Jungだ。KDJは左手の腱鞘炎が左腕全体にまで広がったことを理由に、引退を公式発表した初めてのプレイヤーだった。手が痛くても練習を続けてしまっ た結果、KDJは慢性的な痛みを抱えることになり、引退に追い込まれてしまった。


中略


プレイするのは人間

『DX』はビデオゲームだが、どんなに小さな動きであれ、プレイ中は常に筋肉が動いている。そして、過度のプレイによる筋肉の痛みは決して気のせい ではない。これはれっきとした症状で、専門家にできるだけ早く診てもらう必要がある。そして、専門家に診てもらうタイミングが「一時休止」と「引退」を分 ける可能性がある。『DX』で確認できる音速のスーパープレイは、結局のところ人間の両手が生み出しているものだということを忘れてはいけない。

今回の記事に協力してくれたMcGee博士とプレイヤーたちに感謝したい。『DX』シーン全体の怪我に対する意識が高まれば、このシーンの寿命も伸びるだろう。


記事全文を読む


スポンサーリンク
  
forもDXよりは遅いといっても知らない間に相当の負荷がかかってるんだろうね。

>トップアスリートが知っておくべき情報や理論も手に入れられるようになっている。これは素晴らしい進歩

本当に良い時代になったと思う。


テキスト量が膨大なため全ては抜粋していないけれど
他にもタメになる記事がたくさんあるので是非リンク元で全文を読んでみて下さい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク